ビースマイル

 

ビースマイルはホワイトニングアイテムとして、歯の黄ばみの悩みを解消できたとのビースマイルの口コミが随所で見受けられます。
2017年には国際的な評価として名高いモンドセレクションの銀賞を受賞しているほどなので、プロからも高い評価を得ているようです。
その実力のほどはどうなのか、配合成分や使用法に触れながら解析して参りましょう。

 

ビースマイルの効果はどれくらい?

使用期間ですが、審美歯科でのホワイトニングのように瞬時に解決とは行かないようです。
おおむね2-3ヶ月程度継続使用が前提になります。
とはいっても黄ばみが薄らいでいくのを、肉眼で確認しながら行えるので、意欲が低下してしまう心配はなさそうです。

 

歯の着色よごれの原因はコーヒーや煙草ですが、ビースマイルはこれらの嗜好習慣を我慢することなく、ホワイトニングを実践できるのが特徴です。
しかし毎日の歯磨きだけで、黄ばみが消えたりするほどの実力はどこに由来するのでしょうか。

 

ビースマイルの成分

その高い効果を支えているのは、ポリアスパラギン酸とリンゴ酸を配合している点にあります。
ポリアスパラギン酸には、口臭や着色汚れの原因となるたんぱく質と反応して凝固する働きがあるのです。
つまり汚れの元になる物質を、固めてしまって歯に付着するのを防いでくれる訳です。

 

ビースマイルはこの作用を活かし、あたかも歯の表面から汚れが剥がれ落ちるような使用感を実感することが出来ます。
そしてりんご由来のリンゴ酸は、せっかく除去した汚れ成分が歯に再付着するのを防ぎます。
口の中に存在する雑菌を弱酸性で優しく活性を阻害、口内を清潔に保つのです。さらに配合しているビタミンCは、歯と歯茎を清潔に保ち、口内環境を良好に保つ嬉しいビタミンです。
このようにホワイトニングに公的な成分配合ですが、それを裏付けるのはビースマイルが、医薬部外品に指定されていることです。
医薬部外品とは有効な成分が一定濃度以上配合されていることが、厚生労働省の基準を充たして初めて指定押されるものだからです。
ビースマイルを活用して、白い歯を取り戻して下さい。

関連ページ

はははのは
セルフホワイトニングの「はははのは」について紹介します。体に優しいホワイトニングジェルです。
プレミアムブラントゥース
セルフホワイトニングのプレミアムブラントゥースについて紹介します。今、世界で一番売れていると話題です。
雪輝麗
雪輝麗というホワイトニング歯磨き粉を見つけたので、レビューを書いてみました!油溶性ビタミンCを使っていて、なかなか良かったですよ(^^)
毛穴が目立つ30歳からのケアにソワン!
毛穴が目立つ30代はソワンが必須です!